どのようにしてお金を貯めるの?

冬の光熱費☆減らせる裏技

暖冬であっても冬場の光熱費はガーンと高く
値上がっていきますね。
夏は1,2か月で落ち着きますが、冬は
11月くらいから上がり始めて3月までは
かかりますので、悲しいかな・・どうしても
家計に響きますよね。

 

ですので、冬場こそ!!暖房費のダイエットが
必要なのです〜。
ちょっとずつ見直せば、随分とコストダウンに
なりますよ。是非実践してみてください。

 

@重ね着をする

 

暖房費を減らすには自分自身が暖かければ良いわけです!
例えばスリッパをはく、靴下を2枚重ねにする。
これで下の冷えは改善されますね。
それから首元は部屋の中でもマフラーなどを思い切って
巻いてもいいです。
また、わたしのオススメはカイロです。
背中や肩などに貼るカイロを貼ってみてください。
女性の場合は血液の循環が良くなり肩こり解消や
生理前の頭痛改善などにも効果的です。
またダウンベストなどを着ると着ぶくれもせず
背中と肩を温めることが出来るので良いですよ。

 

A湿度をキープする

 

冬場はどうしても湿度が下がりがちです。
その分、カサカサになりますし乾燥していると
寒さも強く感じます。
ですので湿度を保つことはとても大切なのです。
風邪もひきにくくなりますしね!
ですので加湿器は必ずつけるようにします。
今は安価なタイプのものも色々とありますので
高価なものと考えず生活必需品程度の考えて
日常的に湿度が50%前後になるように気を付けたいですね。

 

Bサーキュレーターを利用する

 

暖房器具を使用するときに温度を下げる、これはもう
当たり前の節約方法ですが、更にサーキュレーターを
利用してみてください。
サーキュレーターというのは直進性の高い風を起こして
吸気を循環させるものです。今は家電量販店でも
大きさ等で種類も豊富に売られるようになりました。

 

我が家では暖房を使っている間、サーキュレータを天井に
向けて回し暖気を下に循環させることで部屋の暖まりが
早くなり暖房器具のサーモスタットが作動して、すぐに
止まる(節約)することが出来ています。

 

以上のように、日々の積み重ねで冬場の光熱費は
ぐっと減らすことが出来ます。
これら以外にもいろいろな方法がありますので、ぜひ
漠然と「高いな〜」と我慢するのではなく、様々な
工夫をしてみてくださいね。